<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

爽快ライブ

John Butler Trio のライブに行ってきました~!

かっこ良かった~

2時間たっぷり。満足感たっぷりです。
お客様がだんだんヒートアップしてきて、最後はみんなノリノリ。

誘われて行ったのですが、本当に良かった!
その後、移動中に聞く音楽はずっと彼らの曲です。

新しい出会い、興奮。
行ってみないと出会えなかった。

誘われたらとりあえず行く!
目に入って何か気になるな~と思った事はとりあえずやってみる。

心がけてます。

周りからと自分の奥の方にある、電波をキャッチして、実行する事で、新しい発見や次に進むべき道へのヒントが見つかる気がします。

e0277143_12282391.jpg

e0277143_12281263.jpg

[PR]

by aigoma96 | 2014-10-23 21:04 | 日々のこと

『マッピー』用ボーダー

魅力

今日は、先日ワークショップでお世話になった古武術の方々が神田明神にて奉納演武会を行うという事で、見に行ってきました!


ステキでした!
無駄のない動きは美しい!

そんな中、私が特に くぎづけになった人は

目力がある人
動きに説得力がある人

相手をただ「見る」のではなく、相手の心の奥の方まで見るような見方。
動きの一つ一つを、習った通り以上に、自分の動きにする。

そんな動きをしてる方は、なんだか見てて色っぽいな~と思ってしまいました。

ダンスも「色気」って大切だと思います。



私の生徒さんで、中学生で同い年。
方や体操経験があり柔軟で運動神経も良くスタイルも良い子。
方や演劇部であんまり柔軟性がない子がいます。
練習では、もちろん最初の子が目立つし、目を引きます。ところが、舞台になると後者の子に目が行く。
後者の子は、お客様に対する目線。私の振付をより自分のものにする力が強いんだと思います。

どんなにスタイルが良くても、どんなにテクニックがあっても、それって見馴れると普通になります。
ところが、演者が醸し出す空気や匂い(これが私の思う色気)って、人を飽きさせないじゃないかな~

と思いました。

e0277143_1738891.jpg


e0277143_17384225.jpg

[PR]

by aigoma96 | 2014-10-19 12:52 | ダンスのこと

『マッピー』用ボーダー

音遊び

イデビアンクルーの公演に行ってきました。

毎回、驚き演出あり 面白く 見終わった後 スカッとします。

昔は難解なのがカッコいい なんて思っていましたが… 好みが変わってきました。

イデビアンクルーといえばやっぱり井手さん。 ご本人も踊り、振付、演出をなさってます。

この方、小柄でぽっちゃり なのに上手い!
ダンサー体型 ではないのに、キレ良く踊る姿はなぜか ほのぼの 笑いを誘う。

最近、振付をしてると上手いってなんだろう?と思います。
トレーニングをバッチリしてて、技術もスタイルも抜群。 なのにあれっ?っ思うこともあるし、逆にダンス経験がほとんど無くても、何か惹き付けられる人もいる。

私が思う1つは、

音と遊べる人は見る人を惹き付ける。

です。井手さんは音楽に時には乗り、時には外し、無音という音にもすんなり溶け込む。
その場にある音を自由に操っているように見えます。

これって、訓練で出来ることなのかな~?
シンプルだからこそ難しい課題です。

e0277143_11365958.jpg

[PR]

by aigoma96 | 2014-10-10 21:08 | ダンスのこと

『マッピー』用ボーダー

刺激

先週
金曜日。


立川流30周年記念。『Tatekawa blood』立川志らく・談笑 二人会
に行ってきました~ 


落語を聞きにいくのはこれが3回目。目黒パーシモンホールの大劇場。大勢のお客さんを1人の力で引きつける。ホントにすごいと思います。 


志らくさんも談笑さんも、面白くて引き込まれました。前座の方と何が違うのかな~
前座の方は声が聞き取れない事がありました。緊張して身体が固まってしまったのかな? アレクサンダーテクニックやって欲しい!と思いました。

志らくさんと談笑さんは、声だけじゃなく、「気」も発してる感じ。私とはかなり離れているのに、まるで目の前で話してくれているような気分になります。
だからこそ、話に感情移入出来るんだな~
納得。


間に立川談志さんの話を交えて、凄い師弟愛を感じました。
落語協会からも抜けて、我が道を突き進んで、破天荒人生を送っていたような立川談志さんですが、これだけお弟子さんに愛されて、きっとめちゃくちゃな所もあるけど、人間味溢れる良い人だったんだろうな~
じぃ~ん ときました。

で、
土曜日。

古武術とフェルデンクライスのワークショップに行きました!

古武術は一度体験したことありますが、正直全くわからず… 今回はリベンジ

最初に古武術の稽古を行います。
あんまり説明もなく、相変わらずわからず… マジックのように、先生が触れただけで、人が倒れてしまいます…

その後、フェルデンクライスのレッスン。
これは、先生のガイドの元、身体を動かし
自分の身体に目を向け、気がつく。
というようなエクササイズ。
私は初体験で、これまた良くわからないまま、言われるままに身体を動かす。

そして、フェルデンクライスのレッスンの後に、再び古武術。

フェルデンクライスをやる前と後の古武術の身体の違いを感じるという狙いがあります。

そして、確かに違う!
軸がしっかりとれてる気がします。

古武術のレッスンも丁寧に指導して頂き、わかった事が一つ

やろうとしない!

古武術では敵に殺気を見せないためだそうですが、
ダンスの先生にも、アレクサンダーテクニックの先生にも言われる言葉です。

アレクサンダーテクニックには、自分の癖に気がついて やめていく がテーマ。
ダンスも、やろうという思いは残すけど、頑張らない。

普段やっている事なのに、ジャンルが変わると全然出来ていない自分がいる…
ということは、100%出来ているって事じゃないわけで、

まだまだ修行が必要です。

また行きたい!

有意義な週末でした
[PR]

by aigoma96 | 2014-10-02 15:29 | 日々のこと

『マッピー』用ボーダー